夏の暑さ対策

先日NHKの番組で紹介されていた夏の暑さ対策がとても良かったのでまとめてみました。

窓辺の暑さ対策、エアコンの効率的な使い方など、エアコンの稼働を最小限にしながら快適にすごす方法です。

窓の遮光をするだけで、太陽熱の82%がカットできる!

6436d1161b9cb1d27efebf2dbb24bf33_s

窓の遮光を全くしない状態だと、太陽熱の81%が室内に伝わります。

夏は窓辺がとても暑いですよね。

ここで、窓のブラインドを閉めるだけでも室内に伝わる太陽熱は51%に減ります。

ですが、窓の外にブラインドを付けてみると18%しか太陽熱は届かなかったそうです。

窓の外にブラインドを付けただけで、90%近くの太陽熱を遮ることができたんですね!

太陽から伝わる熱をシャットアウトできれば、その分室内は涼しくなるので、エアコンも最小限で済みますよね。

夏の暑さ対策は、窓辺の熱をどのくらい遮るかが大事なんですね。

窓辺の暑さ対策 すだれ・よしず・日除けネットの上手な使い方

IMGP3760

・日除けネットで窓辺の暑さ対策する場合のコツ

ポイントは、室内の日差しを遮るだけでなく、ベランダに大きな日陰を作ること。

窓にぴったり張るのではなく、ネットの下の部分は、窓から離して大きな日陰を作ると、地面から伝わる輻射熱や反射熱を少なくできるのでより暑さ対策になります。

マンションのベランダなどには、目隠しも兼ねてリーフラティスを使うのもおしゃれですね。

・よしず・すだれで効果的に窓の暑さ対策

よしずやすだれで窓の遮熱対策をする場合のコツも、日除けネットと同じで大きな影を作ってあげること。

そして、より窓辺の温度を下げるためには、霧吹きでよしずやすだれに水をかけてあげること!

水をかけることによって、気化熱でよしずから熱を奪うので涼しくなるんです。

わが家は今年、リビングだけすだれを使って、寝室の窓にはまだ何もしていないのですが、リビングと寝室の温度は同じ西向きなのに全然違って、寝室はすごく暑いんです。

昼間の室温を測ってみたら、リビングは26度なのに寝室は29度!

暑さ対策に何もしなければエアコンを使っていたと思いますが、すだれのお陰で今年はまだエアコンは使っていません。

エアコンを効率的に使う方法

エアコンの羽根の向きは水平か上向きに

エアコンを使う場合、羽根の向きが大事!

羽の向きが下になっていると、冷気が下にたまってしまいます。

羽の向きを水平か上向きにすることによって、冷気が広がり効率よく室内を冷やすことができます。

✿温度調節でオン・オフを繰り返さない。

エアコンは、スイッチを入れて設定温度になるまでが一番電気を使い、その後は少ない電気で設定温度を維持するので、入れたり切ったりしないようにする、というのは最近ではよく知られていますね。

寒い場合は、温度を下げる、というのはやっていましたが、

暑い場合は、温度を下げる前に風量を強くするほうが消費電力が少ないのだそう!

また、出かけるときには、直前にエアコンを切るのではなく10分~15分前にスイッチを切るのも、少しのことですが、積み重ねるとかなりの節電になります。

✿扇風機を併用する

扇風機を使うと扇風機の分、消費電力が多くなると思って以前は、エアコンを付けた時は扇風機を使っていませんでした。

が、扇風機を使って空気を動かすことで、部屋の下部にたまった冷気を室内に巡らせるので、体感温度も下がります。

14畳程度のエアコンを使った場合、設定温度を26度から27度に上げると、118wの節電になるのだそう。

扇風機の消費電力は最新のものだと数ワットしか使わないものもあり、通常の扇風機でも30W程度の消費電力なので、併用して設定温度を上げるようにすれば、節電になるんですね!

わが家で使っている扇風機は、消費電力最小1.5w、最大でも16Wの東芝のサイエントミューというもの。

一昔前の扇風機に比べると音がとても静かで風の当たりが柔らかく、上下の首振りもあるのでサーキュレーター的に使うこともできます。

スマートなデザインでとても気に入っています。

応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーリンク

参考になったらシェアしてください。

フォローする

スポンサーリンク