もっと自分に投資しよう!

4月から個人教室で習い始めた茶道。

それまで公民館やカルチャーセンターで習っていました。

中身を充実させるお金の使い方

本格的にやりたいと思う気持ちと、茶道はお金がかかりそうだから・・・という気持ちで揺れて踏み出すことをしませんでした。

が、週に一度、先生のお家でお稽古するようになると、新しく学ぶことが多く、たくさんの刺激を受けています。

58ce6b0cfa0a6506e719c144a8f0d943_s

礼儀作法であったり、ものを大事に扱うことであったり、というのもその1つですが、

今、自分がすることに集中する。

稽古することで得られる達成感。

という、より良く生きていくために大事なことを得ているという喜びがあります。

お金はその分かかりますが、それ以上に得るものがある、と思い、そういうものに出会えたことを何てありがたいことだろうと思いました。

使ったお金が自分の中身になる。

a0002_003051

先日、角田光代さんの小説を読んでいて、「お金を貯めるだけの人は、中身に積み重なってきたものがない」というような文章があって、ぎくっとする自分がいました。

「お金をためなきゃ」という思いが先行して、自分の生き方や、これからの可能性を狭めてはいなかったか?と。

 角田さんは、20代の頃、お金がなくても友人と会って話すことにはお金を惜しまなかったそうです。

そして、そういった友人と語り合った日々が自分の一部になっていると感じていると。

30代になると忙しくなって、朝まで友人と飲み明かすということはなくなったけど、あの頃語り明かしたことが自分の根っこにある、と書いてありました。

そういうことが小説家の角田さんを支えているのかなと思いました。

ゆたかであるというのは、お金がいくらある、ということではけっしてないのだと、その人を見て知った。

そういう意味で、まずしいまま年齢を重ねることが、私にはとてもおそろしい。

小説「しあわせのねだん」

若い時のほうが、何かを吸収する力は強く、またそれを活かしてできることも多い。

将来のためにお金を貯めることも大事だけど、今自分にお金をかけ、時間をかけて得るものが将来につながるかもしれない。

何で読んだか忘れてしまってしまったけど、生きるというのは変化できることなのだそうです。

そして、こうしよう、こう変わろう、こうなりたい、という意識を持って学ぶことで、人は幸せを感じる、というのは先生に聞いた話。

家計管理は、より充実した生き方をするためにお金の使い方を考えることだ、と思います。

応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーリンク

参考になったらシェアしてください。

フォローする

スポンサーリンク