我が家の被服費は多め?難しいバランス(2)

きのう、我が家の被服費は多め?難しいバランス(1)という記事を書きました。

今年の年間被服費は、夫109,191円、私63,650円の合計172,841円。

まだ今年は3ヶ月近くあるので、20万くらいになるんじゃないかと思っています。

ファッションにお金をかけるかかけないかは価値観によるところも大きいですよね。

今年の被服費、私的には良い物も買いつつ、ユニクロやセールなども利用して少しずつ理想に近づいているかなと思っています。

購入アイテム数はそんなに多くないんですよね。

年間10万~15万くらいで、長く着られる良い物を揃えながら小物で少しずつ変化を出していくようなおしゃれがしたいです。

ファッションのお金をかけるところ・かけないところ

夫の靴とYシャツは良いもの。

ビジネスシューズは良質でコスパの良いスコッチグレイン、Yシャツは鎌倉シャツです。

スコッチグレインの靴を2年前から買っていますが、2年経っても変なシワが入ったりもせずきれいで、靴底が殆ど減らないので修理費用がまだかかっていません。

シューキーパーをして、磨いてやれば10年は履けると聞きます。

年に1足買って、来年もう1足買ったらスコッチグレインが3足になるので、そうしたらしばらくビジネスシューズは買わなくてよくなります。

鎌倉シャツのYシャツは、高品質・低価格で有名ですが、私が鎌倉シャツを良いなと思っているのは、襟と袖の交換ができること。

Yシャツって襟と袖の消耗が激しいので、こういうサービスがあるのは嬉しい!

やっぱりユニクロはすごい。

ユニクロの安さと質はやっぱりすごいと思います。

特に夫の半袖のYシャツと、ビジネス用スラックスはユニクロが定番になりそうです。

半袖Yシャツは2シーズン保つかな、という質感ですがその分涼しくて良いようです。

ユニクロは見るたびにどんどん進化していて、数年前までユニクロの服は合わないのが多いと思っていたのに、今はけっこう気に入る服があります。

デパートのセールで買う。

夫の服は上記以外はほとんどデパートのセールで買うことが多くなりました。

メンズはベーシックなデザインが多いのでセールでも気に入るものが見つかることが多く、競争率も低いのでゆっくり選べます。

私の下着も、デパートの催事で定価の半額くらいで買います。(上下セットで5000円程度)

株価が下がるようなら、三越伊勢丹の株を買って株主優待を使うのも良いなと企んでいます。

10%割引の優待って嬉しいですよね!

良い物を少しずつ揃えたい。

3000円のものを10枚買うより、高くても気に入った3万円1枚を買うほうが良いなと思います。

15年前に買ったスカート、ワンピース、10年前に買ったパンツ、まだ現役のものがけっこうあります。

年に数回しか着ないような服は買うな、という提案をする人もいるけど、私は年に数回しか着ない特別用の服は必要だと思います。

ちょっと改まった時に着ているワンピースはもう15年くらい前のものですが、今も年に数回は着るし、重宝しています。

このワンピースは3年くらい前に買ったのかな?

3万円くらい。

着るのは年に10回ないくらいだと思うけど、自分でもよく似合うと思うし、体型が変わらなければ15年後も着られそうだなと思っています。

コートなども、良いのを長く着たいなと思っています。

7~8年前に買ったトレンチはまだまだ着られるし、ウールのコートも1枚は10年前、もう1枚は4年くらい前のもの。

ファストファッションで世界中のゴミが増えている。

ユニクロやZARAなどの服は安いので、昔に比べると買うアイテムは増えていませんか?

それってゴミをどんどん買っているのと同じ。

昔に比べると衣類のゴミはものすごく増えているそうです。

そういうことを頭の隅に置きながら、どんな服でもなるべく長く大事に着たいと思っています。

応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーリンク

参考になったらシェアしてください。

フォローする

スポンサーリンク