2016年12月の家計簿 欲しいものを買っても揺らがない家計

2016年12月の家計簿

 被服費

110,255 円
 食費

45,516円

家賃38,350円
教養費14,008円
保険10,726円
美容7,730円
光熱費7,314円
日用品5,081円
医療費2,055円
交通費1,900円
携帯

610円

合計 243,545円

【被服費】110,255円

私が6.3万、夫が4.7万くらい。

私の被服費の内訳は、コートが46,000円、トリンプのファミリーセールで下着2セット(6,000円)、縫製工場のサンプルセールでワンピース(8,000円)とベスト(3,000円)。

コートは7~8年前に購入したものが似合わなくなってきたので新しいものを探していました。

今あるコートは、白のウールコートとベージュのトレンチで10年以上前に購入したもの。

私のファッションは、ワンシーズンで着倒すというよりは気に入ったものを長く着続けるタイプです。

その為、気に入っても素材が長持ちしそうにないもの、触ったときの質感が良くないものなどは買わないようにしています。

【食費】45,516円(お酒込み)

クリスマスとお正月に少しお金をかけたのでいつもより多くなっています。

お酒代は、月1万円程度でしょうか。

ビール、ワイン、ウィスキー、日本酒、時にはカクテルも作るほど夫はお酒が好きですが、

酒量自体は多くないと思います。

私は梅酒を少量飲むのを食後の楽しみにしています。

外食はほとんどなく、お菓子やお惣菜、加工品もあまり買いません。

【家賃】38,350円

家賃は、事務所分を按分して家賃から引いたものを計上しています。

【教養費】14,008円

習い事の教材やお歳暮などで高くなりました。

【保険】10,726円(年払いを月割りした金額)

・夫の収入保障保険(死亡時月10万円を80歳まで/月約7,400円)

61歳で解約すると掛け金のほぼ全額が戻ります。

・私のがん保険(がんベストゴールド・診断のみ100万円月約1,300円)

・医療保険(コープ共済・月1,000円)*30%程度の戻りあり。

・コープ個人賠償責任保険(月170円)

・火災・地震保険(6,030円/年)

【美容費】7,730円

夫の美容院と私の口紅、ミツロウ(182円)です。

【日用品】5,081円

・テレビの処分費用(古すぎて買い取ってもらえなかった)

・かご

imgp4450

【携帯・通信】610円

大部分が経費となったので、負担はごくわずかとなりました。

*夫のお小遣いは非公開にしました。私のお小遣いは特になく、使ったものは美容費や教養費に入れています。

家計簿・各費目の割合

2016%e5%b9%b412%e6%9c%88

使うところはどんと使って、引き締めるところはぎゅーっと引き締めた家計です。

引き締めるといっても我慢する節約ではなく、固定費を低く抑えたり、必要でないものを徹底的になくすように暮らしを見直すことで、コストダウンにつながっています。

そして、コストダウンによってできたお金は、自分たちが本当にお金をかけたいところに

まわせるようになりました。

【使うところ】被服・趣味・ファッション・食

IMGP3069

洋服・靴・・長く着られる良いデザインのものなら高くても買うことがあります。

縫製工場のサンプルセールでは、デパートに卸す高品質な衣類が70%~90%オフで買えるので、私の服の半分くらいはここのもの。

私の下着も、ファミリーセールやデパートのセールで50%~70%オフのものを買いますが、年間2~3万くらいかかっています。

金額よりも、枚数をたくさん買わないようにしています。

趣味にもお金をかけています。

夫はテニス、私は字を習っています。

茶道を習っているときに、書に興味を持ったこと、お礼状などを書くときに字が汚いのが恥ずかしくて字を習い始めたのですが、楽しいです。

(茶道は引っ越しで続けられなくなりました。)

【引き締めるところ】通信費・消耗品・化粧品・外食・保険など

引き締めているのは、お金をかけたいと思っている項目以外は全部!

例えば、化粧品はなるべく買わずに(でもこだわりは捨てません)きれいになる方法を研究して、美容費をぐっと抑えています。

化粧品は、手作りしたり、iherbで成分良好で安価なものを購入したり、白髪は髪に刺激が少ないもので自分で染めたり。

過去記事⇒化粧品は安くて成分良好なiherbでほとんど済ませています

IMGP9989

日用品では、洗剤を買わなくて良いように、重曹・炭酸塩・クエン酸をまとめ買いし、生活の様々な場面で使っています。

炭酸塩は、重曹と同量をまぜるとセスキになり、洗濯にも使える優れもので、値段もセスキより安いんです。

洗濯は、洗剤の代わりに炭酸塩(1回小さじ1の使用量・すすぎ1回)で行い、3~4回に1度粉石鹸でしっかり洗う、というやり方。

ローコストかつ環境にも負担が少ない方法です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

炭酸塩(炭酸ナトリウム) 3Kg 粉末(無水塩)
価格:1036円(税込、送料別) (2017/1/6時点)

食器を洗う洗剤は、粉石けんとお湯を混ぜてプリン状にしたもので、1ヶ月のコストは30~40円です。

ティッシュは殆ど使わず、ミニタオルハンカチや着なくなった衣類を小さく切ったものを使用。

過去記事⇒着なくなった衣類・布は台所で使い切る

トイレットペーパーは1ロールで1ヶ月保つので、年に2パックしか買いません。

過去記事⇒生協のトイレットペーパーコアのんは経済的

何気なく買っているものでも、「買わずに済ませる方法はないか」「違うやり方はないか」と一つ一つ点検してみると、買うものを減らせますよ。

食については、過去記事にて。

⇒ お金をかけるところとかけないところ~食事編~

自分が大事にしたいことは何かを考えて家計を見直してみると、好きなことに使うお金が捻出できたり、無駄を省くことができると思います。

応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーリンク

参考になったらシェアしてください。

フォローする

スポンサーリンク