保険相談でがん保険の重要な情報を知りました。

先週、保険相談をしました。
今まで、来店型保険相談、
保険代理店、某大手保険相談で
話をしたことがありますが、
今回初めて、こんなに話がわかってくれる人がいるとは!
と感じました。


相談したのは保険のビュッフェですが、
話していて思ったのは、自分が保険に何を
求めるのか明確にしなければ意味が無いということ。


どんな風に利用したかについては
後回しにして、がん保険について
とても良い情報をもらったので紹介します。


今日の記事は長くて読みにくいと思いますが、
ぜひ読んで欲しいです。


一番良いがん保険の話し


安くて、保障がしっかりしているがん保険は、
「がんベストゴールド」(AIG富士生命)という話がありました。


そして、あまりにも条件が良すぎるので、
6月くらいで保険の販売を終えるんだそうです。


がんベストゴールドの良い所
・診断金のみという設定にできること。
(100万・200万・300万)
⇒シンプルな設計にすることで保険料
を抑えられる。
・保険料が安い。
35歳女性で診断金100万のみの場合
先進医療特約付加で月1,380円。
35歳男性で月1,700円です。
*年払いのみ/終身払
・2回目以降の給付条件が良い!
⇒2年後に入院か通院でがん治療していれば
給付される。
*他のがん保険だとここの条件が厳しい事が多い。
・上皮内新生物でも診断金がおり、以降の保険料免除


■セカンドオピニオンサービスT-PECがすごい!
でも、この保険の最大の強みは、
セカンドオピニオンサービスなんだそうです。


がんと診断された時、どんな治療法があって
どこが一番良くて、どこでそれを受けられるか、
これを決定することが大事なのに、
その情報を手に入れることが難しいんです。


また、実際セカンドオピニオンを受けても
ほとんどは最初のお医者さんに戻されるのだそうです。


違う治療法を紹介することは
最初のドクターを否定することになるので難しいらしい。


いくらお金があっても、
最良の治療を受けることができない


ことが問題なんですね。


でも、がんベストゴールドが採用している
セカンドオピニオンサービスT-PECを
利用すれば、学閥に囚われない最先端の
良い治療をしてくれる医療機関を紹介してくれるのだそうです。


ガンだけでなく、、何か症状で困ったときに
24時間の電話相談が利用できます。


なぜこれが可能になったかと言うと、
特別顧問が日野原重明先生だから!
日野原先生は、日本の医療の礎とも言える
ものをつくったすごいすごい先生です。


私が初めて買った医学の本も
日野原先生の本でした。
生活習慣病という言葉をつくったのも
日野原先生です。
その日野原先生が声をかけたから
このセカンドオピニオンサービスが
成立したのだそうです。


T-PECは、AIGの社長が
自分の家族が病気になった時に
適切な医療が受けられなかったことから
このサービスを立ち上げ、
日野原先生に協力してもらったのだそう。
なので、AIGグループの保険会社だったら
T-PECを利用できます。


調べてみると、保険のビュッフェさんで
このT-PECの説明を受けた人が他にもいるみたいです。
こういう大事な説明をしてくれる人って
あまりいませんよね。


夫のがん保険もT-PECが利用できる
そうですが、私は今までそんなこと知りませんでした。
保険のビュッフェは、あんしんFPパートナーというところと
提携していて、そこからFPが派遣されるような形なのだそうです。


だから、FPさんは、ビュッフェの仕事だけで
生活しているのでなく、それ以外に自分のところでも
コンサルタントをしているからなのか、
保険に入れという感じはぜんぜんなかったです。


もちろん、提案はされますが、
「無料だからといって入らなくて良いです。
そこだけでお金が発生するわけじゃないのでそこは本当に気にしないで」
と言われました。
「医療保険は(うちの場合は)なくて良いですね」
とも言ってくれました。


保険のビュッフェの売りは、
商品券を5000円分くれることらしいのですが、
私はそれよりもこんな情報をもらえたことが何より有益だと思いました。


保険相談で具体的にどんな話をしたかは
また記事にしたいと思います。

応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーリンク

参考になったらシェアしてください。

フォローする

スポンサーリンク