粉石鹸で台所洗剤

とろとろ石けんで食器洗い

以前は固形石鹸(廃油から作られた石けん)で食器を洗っていたのですが、ずいぶん前から

粉石けんとぬるま湯で作るとろとろ石けんで食器を洗うようになりました。

固形石鹸より使いやすいし、汚れもよく落ちてすすぎも楽です。

imgp4350

作り方はとても簡単で、粉石鹸50グラムに、ぬるま湯(石けんが溶ければ良い)500ccを注いでよくかき混ぜるだけ。

プリン状に固まればできあがりです。

※合成洗剤では作れません。

粉石けんや水の量はお好みで、とろとろ石けんを紹介されている赤星たみこさんは、粉石鹸コップ1杯にお湯1リットルと紹介されていましたよ。

私は作るたびに粉石鹸の量を測るのが面倒なので、洗剤を量るスプーンを何杯入れれば50グラムになるのか調べておいて、それを容器の蓋にマスキングテープを貼って書いています。

肌の弱い人は純石鹸が良いそうですが、私は炭酸塩入りの粉石けんで作っていて、台所で手を洗うときは、とろとろ石けんを使っていますが、手が荒れたりはしていません。

合成洗剤で食器を洗うと夏でも手が乾燥してごわごわになるのですが、とろとろ石けんだと冬場は乾燥してもあのごわごわはありません。

とろとろ石けんなら1ヶ月30円!

とろとろ石けん、我が家ではだいたい3週間位保ちます。

油汚れは事前に布で拭き取っておくととろとろ石けんを使う量が少なくて済みます。

しらかば粉せっけん 2.5kg

我が家では、生協のあおぞらという粉石鹸を使っていて、値段は1.1キロで400円くらいなので、1回のとろとろ石けんにかかる値段は20円くらい。

1ヶ月でだいたい30円~40円くらい食器洗い洗剤にお金を使っていることになります。

液体洗剤って、成分の大半が水です。

粉石鹸なら水は含まないのでその分安いんです。

とろとろ石けんならわざわざ買いに行く必要がない。

固形石鹸からとろとろ石けんに移行した一番の理由は、わざわざそのために買い物する必要がないから。

なくなったら作るので、在庫を持っておく必要もなく管理が楽です。

買い物に行く回数が増えれば、その分お金を使ってしまうけれど、買い物に行かなければお金を使うこともなく、新商品に心を惑わされることもありません。

同じような理由で、我が家はティシュペーパーをほとんど使いません。

使えばゴミが増え、買いにく頻度も増えるので、なるべく買わないで済むように、

ミニタオルハンカチや、小さく切った布を使っています。

IMGP3433

一番使うのは食卓付近でなので、テーブルの端にかごを吊り下げてその中にタオルハンカチを入れています。

imgp4475

我が家には色んな種類のかごがありますが、ナチュラルなかごはどんなインテリアにも合います。

もし、捨てることがあっても自然に還る素材なので環境負荷が少ないのも嬉しいところ。

かごは収納でもありインテリアでもあります。

応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーリンク

参考になったらシェアしてください。

フォローする

スポンサーリンク