本格的なPCオーディオ環境が8,000円で作れました!

パソコン作業をしているときに聞く音楽。

今まで使っていたアンプとスピーカーは、重くて場所を取るので仕事の邪魔になるということで、新たに小さいスピーカーとアンプを購入しようと言う話になっていました。

そして、いざお店に行って見てみると、高いんですね。

会社を立ち上げたばかりで、機材やら新しいパソコンやらたくさん買っているので、スピーカーはもうちょっと余裕が出てからにしようか、ということになりました。

ところが、スピーカーを安価に作ることができる!という情報を知って、作ってみることにしました。

参考にしたのは、こちらの記事⇒たった20分で完成! 自分で作れる「3700円のスピーカー」が高音質すぎてビビった!!

機材が届いてから1時間も経たないうちに出来上がりました。

見た目も数千円でできたようには見えません。

IMGP4559

スピーカーは、秋月電子通商の広帯域用スピーカーF77G98-6で、これが2個500円という

安い値段で売られているんです。

スピーカーマニアの間では、コスパ最強と言われているのだそう。

⇒ 8Ω10W広帯域用スピーカー

IMGP4512

スピーカーボックスは、amazonで。

FOSTEX スピーカーボックス P800-E

そして、このスピーカーを鳴らすためにアンプも用意しました。

アンプは重くて大きいものと思っていましたが、小さく軽くてもちゃんと鳴るものがあるんですね。

Lepy LP-2024A (ブラック) デジタルアンプ+ACアダプタ12V5A(PSE認証取得済) LP-2020A 後続機(安心な6カ月保証付き)

新品価格
¥3,580から
(2017/1/17 15:56時点)

そして安い!

参考にした上記のサイトでは、Lepy ステレオアンプ LP-V3S(1,700円程度)というアンプで作られていましたが、夫はLepy LP-2024A+というデジタルアンプを選んでいました。

Lepy LP-2024A+のほうが音を左右するチップの評判が良いのだそうです。

私は詳しくないのでよくわかりませんが、コスパが良いので神アンプと言われているらしいです。

ただ、Lepy LP-2024A+は、中国製のためか品質にばらつきがあり、入力端子が左右逆に入っていたり、チップが変わったりするので、中身を確認する必要があります。

アンプを開いたところ。

IMGP4564

白い丸がチップで、ピントが合いませんでしたが、線を引いているところに2024と書いてあります。

*このチップを作っている会社が倒産したので、今あるのがなくなり次第違うのを入れてあるらしいです。(うちのは2024がちゃんと入っていました)

低音はそんなに出ないかと思いましたが、jazzを聴いているときもベース音はよく響いて気持ちよく聞こえます。

今まで使っていたBOSEに比べると少し劣るかという気もしますが、比べなければ分からない程度だし、場所を取らないことを考えるとこちらにして良かったと思いました。

これならリビングでも使えるかもしれないというくらいスピーカは良いです。

(アンプは入力端子が1つしか無くテレビやプレステと繋げないので使えませんが)

IMGP4562

PCオーディオ環境を作るのに必要だったものは、スピーカー・スピーカーボックス・アンプ・スピーカーコード・オーディオケーブルの5点で、8,500円でした!

手持ちのケーブルがあれば7,000円程度で作れてしまいます。

こんなに安く作れるなんて、本当にすごいとしか言いようがありません。

ちなみに、売りに出したBOSEのスピーカーとアンプは14,000円で売れました。

応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーリンク

参考になったらシェアしてください。

フォローする

スポンサーリンク