ダイソーのすだれフックでどこでもすだれが取り付けられる!

連日、30度超えの暑い日が続いています。

外から家の中に入ってきた時、部屋に熱気がこもっているとムワッとして不快ですよね。

すだれを窓の外に下げるだけで、その不快感、かなり軽減できます。

エアコンを使う前に、部屋の温度を下げる工夫をしよう!

IMGP3766

部屋の温度を下げるために大事なのは、窓辺の暑さ対策。

遮熱カーテンやブラインドを閉めておくことでも暑さは軽減できますが、窓の外にすだれを使ったほうが断然効果あります。

過去記事⇒ 夏の暑さ対策

カーテンを閉めるだけだととアルミサッシがヤケドしそうなくらい熱くなっていたのが、すだれを使うとまったく熱くありません。

ダイソーのすだれフックでどこでもすだれが使える!

IMGP3621

すだれを取り付けたいけど、すだれを取り付ける金具がなくてすだれを使えない・・・

っていうことありませんか?

ダイソーに売っているすだれ掛けフックを使えば、モルタルでもコンクリートでもアルミサッシでもどこにでもフックを取り付けられます。

すだれ掛けフックの取り付け方は簡単で、裏側の粘着部分をライターの火で30秒ほどあぶるだけ。

粘着テープだと弱そうで不安だけど、このあぶるタイプは粘着力が強いです。

IMGP3798

しっかりしていて、3キロまでのものなら確かに問題なく吊り下げられそうです。

うちでは、88センチ×178センチのすだれを吊っていますが、フックがはがれ落ちそうという感じはまったくなく、しっかり付いています。

今まで、うちでは取り付け金具が付けられなかったので、すだれはあきらめていたのですが、

ダイソーのすだれ掛けフックのおかげで太陽の熱をしっかり遮ることができています。

注意点は、一度取り付けた後はがすことはできるのですが、もう一度別の場所に取り付けることはできない、ということ。

ダイソーのすだれグッズ

すだれフックの他にもすだれグッズがあります。

窓の外に出るときに必須のすだれ巻き上げ器。

IMGP3622

すだれを吊る掛け具。

すだれを挟んで吊り下げるつもりでしたが、なくてもすだれを吊ることができます。

IMGP3623

ダイソーのスダレとホームセンターのすだれの違いはある?

ダイソーでは、すだれ自体も売っていて、88センチ×180センチのサイズは300円(税抜き)でした。

一方、ホームセンターでは同サイズが450円(税抜き)。

違いがあるかもしれないと思って両方買ってみたのですが、ダイソーのすだれのほうがややささくれが多いかな?という程度で、他は全く一緒に見えました。

小窓用の小さいサイズだと100円からあるので、ダイソーがやっぱり安いですね。

窓の内側にもすだれで見た目を涼しく

IMGP3801

窓の外にすだれを吊り下げたのをきっかけに、窓の内側にも、カーテンの代わりに竹のすだれを吊ってみました。

こちらはダイソーのものではなく、ホームセンターで購入したもので、1枚800円くらいのもの。

ごく小さいS字フックでカーテンレールに吊って、カーテンと同じようにして使っています。

IMGP3804

レースのカーテンを閉めるより風情もあり、涼しく見えます。

また、レースのカーテンは風を通さずぼわっと膨らんでしまうけど、すだれは風通しが良いので、その分涼しいです。

応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーリンク

参考になったらシェアしてください。

フォローする

スポンサーリンク