100円の使い道。

今日の夫のおにぎりは、栗ご飯でした。
IMGP1696.jpg
おにぎりを置いたこの器は100円。


載っているのが不恰好なおにぎりなのが
残念ですが、可愛いお皿でお気に入りです。
これも古道具屋さんの食器市で買ったもので、
デッドストック品でした。
関連記事→食器にはお金をかけていません。


古道具屋さんでも骨董市でも、100円で買えるものって
ほとんどないけれど、たまに気に入るものが安く売っていると
すごく嬉しい。


ずっと昔は、古道具やさんは安くて面白い場所だったけど、
今は値段が高くて、売られている古いものたちのほうが
その値段に驚きそうだなと思います。


魚柄さんは、目の付け所が良くて、古道具を安い値段で
たくさん買い付けて古道具屋さんをしていた時も
あったそうです。

世渡りの技術 年間生活費50万円は可能だ!


お金があったら素敵な器もたくさん買えるけど、
お金がないから良いものが手に入れられないわけではない、
と教えてくれる本。


漆の器のことが書いてあって、
新品で買ったら高いけど、古くなってちょっと
焼けたようなのだと一気に値段が安くなるとかいう話、
読むだけでもわくわくします。


白洲正子さんが、宝石を買うのでなく、
古墳から発掘したガラスを骨董屋さんで安く買って
アクセサリーにした話も、目の付け所が似ています。
IMGP1697.jpg


価値がないと思っているものも、
見る人が見たら価値あるものだったり、
ちょっと手を加えたらすごくおしゃれになったりして、
お金じゃなくてセンスや美意識なのだなあと
感じます。

応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーリンク

参考になったらシェアしてください。

フォローする

スポンサーリンク