長く着られる服で、ごみも支出も少なく。

知り合いにお金をためられない人がいて、
彼女はよく買い物をしています。


「高いものはお金がなくて買えない」と言いますが、
しょっちゅう買い換えていて耐用年数が短いんです。


「○円だったから」「○円ならいいかと思って」という言葉を
彼女からよく聞きます。


服も靴もたくさん持っているのに、
欲しい服は高くて買えないと愚痴を
こぼします。


昔に比べると、服って全体にすごく安くなっているから、
つい買ってしまう、ということが多いんだと思うけど、
1点1点は安くても、合計すると
意外にお金を使っているんですよね。


服に限らず、安いからと買った雑貨、
小物、合計すると結構な額になりませんか。
すぐ駄目になりそうな、着心地の悪そうな
服を大量に売っているのを見ると、
「ごみの山みたい」と思うことがあります。


数回着ただけで飽きたり駄目になったり、
着心地が悪くて着る気になれない服なら、
ごみを買ったも同然だと思います。


そして、ものをどんどん買う人は、
大事にしないから何でも長く使えなくて
いつも何かを買わないといけないし、
買っても満足度が低くてしょっちゅう買い物を
したくなります。


安いものを買うのが駄目なんじゃなくて、
買って無駄にするのが駄目なんだと思います。
IMGP1662.jpg
以前にも登場した、このシャツ。
アナザーエディションのもので、12~13年くらい前のもの。
安くはなかったけど、これだけ着られるんだったら
安い買い物だったなと思います。
IMGP1664.jpg
このシャツは夫のもので、いつのか分からないけど
ずいぶん前のユニクロのもの。
10年くらい前のでしょうか。
ロゴが今と違います。
丈夫な生地で、普段用には着やすいものです。
昔のユニクロのほうが生地がしっかりしてたのかな?


私はユニクロの服はあまり持っていません。
去年初めてセーターを4枚くらい買って、それは
気に入っています。
薄くて暖かくないのが、暖房が効いているところでは
助かるので、高くて暖かいセーターでは駄目なのです。


シンプルでベーシックな服だと飽きずに
長く着られますが、変わったデザインでも自分に似合ってるものは
長く着られるような気がします。
IMGP1665.jpg
これは巻きつけて着る不思議なデザインの
ワンピース風の服。


独身時代に買ったものなので、10年以上前のものだけど、
今でも気に入って着ています。
15,000円だった、と思います。
通りがかりに見て一目ぼれしたもの。


長く着られる服が増えてくると、
買う枚数が減るので、1着あたりの
予算を高く設定でき、少し高くても欲しい服を
買う余裕ができます。


目指すのは、節約せずにお金が貯まる家計、
生活費はそのままに、より満足度の高い暮らし。

応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーリンク

参考になったらシェアしてください。

フォローする

スポンサーリンク