布ナプキンで悩み解決

今日の記事はデリケートなことで
読んで不快になる方もいるかも
しれないので、たたみます。


昔は生理が始まると、
3日くらい痛くて薬を飲んでいたけど、
今は薬も飲まないし、
少し痛い時でも1日目だけで
2日目は何ともないです。


1日目、2日目が量が多くて
一体型のナプキンを使います。
一体型は外でも使いやすいんです。


交換時は、汚れた部分を内側にして
畳んでボタンを止めるとコンパクトなので
それを袋に入れてしまい、
家に帰ってすすいだらセスキ入りの
水に漬ければ良いだけです。


お試し用にお勧め。

3日目以降はあまり汚れなくて
白うさぎを使います。
すぐ乾くてかさばらないから
良いのです。


白うさぎは1日目の多い時でも2枚を重ねたり
して使うこともできて便利。
サイズはいろいろあります。

白うさぎとホルダーの
組み合わせもできます。


すいーと・こっとんや
メイドインアースのものは、
はさんで使える仕様になっています。

布ナプキンを使い始めて、生理が女性にとって
大事なものであると気がつきました。


たとえば、私は布ナプを汚したくないという
思いから、トイレに行ったときに
少しいきんで経血を出すように
しています。


いつも意識できるわけじゃないけど、
なるべくトイレで出す、
ナプキンにつかないように
それ以外のときは締めるって
意識することで、ある程度コントロール
できるんです。


ナプキンがなかった昔は、
そんな風に自分の体を
自分でコントロールするって
当たり前だったんですね。
それから、生理痛がひどくて、
ケミナプから布ナプキンに
切り替えた人の話をよく聞きます。


私は布ナプにして
生理痛が軽くなったとは思いませんが、
布ナプを使っている知人は
「すごく楽になった」と言って
いました。


市販のナプキンには
ダイオキシンが含まれていて
それが粘膜から吸収されて子宮が冷えてしまい、
それが生理痛を引き起こす、
という人もいます。


市販のケミカルナプキンから
布ナプにすると、「あたたかい」と感じる人が
多いみたいです。
私はその辺のことはあまりよくわからないので
今自分の生理痛がほとんどないのが
布ナプのおかげとは思っていません。


ただ、布ナプのことを調べていくと、
生理痛は体からのサインだと
思うようになりました。


体を冷やさない食事や、
運動して筋力をつけて血の巡りを良くすること、
とくに下半身が冷えない服装にすること、
こういうことがきちんとできた時には、
生理痛はほとんどない、
でも、生理痛があるときは
自分の生活を振り返って
反省するところがあって
ああ、生理って自分の体がどうなっているか
教えてくれるんだなと。

応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーリンク

参考になったらシェアしてください。

フォローする

スポンサーリンク