お掃除表で家の中はいつもきれい、大掃除いらず。

去年から、「掃除表」というものを作って、掃除を計画的にするようにしています。

どの場所をどのくらいの頻度で掃除をするか決めておいて、掃除をしたらチェックをつけているのですが、おかげで家の中が清潔に保たれています。

汚れが溜まらないうちにうちに掃除をする習慣

汚れは溜まらないうちに掃除をすれば楽、と思っても、いざ実行しようと思うと面倒だったり忘れたりしますよね。

テレビで「掃除表を作って計画的に掃除をする」という方法を見て、私も真似してみました。

去年の4月~今年の3月までの掃除表。

IMGP3453

キッチンの壁に貼って、掃除をしたら丸を付けていくようにしました。

決めたとおりにできない月もあったけれど、サボった場所はその次の月に優先的にやったり、やっていくうちにこんなに頻繁にしなくて良い場所が分かったり、毎月したほうが楽な場所もあったり気づきも多かったです。

掃除表を作って良かったと思ったこと。

・汚れがたまらないうちに掃除をするので短時間で済む

以前は汚れが目立つようになってから初めて掃除していた場所も、頻度を決めて掃除をすると重曹水でさっと一拭きすれば良かったりして、

掃除の項目は増えたけど作業自体が楽になりました。

・掃除する場所を分類することで出勤前などすきま時間で掃除ができる

電気の笠とか、窓の桟、など数分のすきま時間でできるものもあるので時間を有効に使えるようになりました。

作業自体が楽なので何かのついでにさっとできるようになりました。

・掃除のし忘れがなくなる

窓の桟や電気の笠などは忘れがちだったのですが、そういうところもしっかり掃除できるようになりました。

・チェック表を埋める充実感で掃除にやる気が出る

チェックしたり丸をつけたりするのはけっこう快感になります。

丸をつけたくてもう1箇所やることもあり、楽しんでできるのが良いです。

・「家事をしっかりやっている」という満足感がある

掃除表を見ると「私けっこう頑張ってるな」と自分を褒めるようになって、家事に自信というか満足感を得られるようになりました。

1年やったら掃除の頻度も明確になってきた!

1年やってみて、この項目はもっと頻度を多くしたい/少なくしたいというのが見えてきました。

また、去年は入れてなかった項目も入れたほうが良いと思ったものは付け加えてみました。

例えば、電子レンジ。

まめにやるときとそうでない時の差が激しいような気がしたので、最低でも月1度チェックしよう、と決めました。

IMGP3451

去年の表は手書きで見苦しかったので、今年はエクセルで作りました。

来年からはプリントするだけで済みます。

夫婦で家事を分担しているような場合、この掃除表はとても有効だと思います。

どこの掃除ができていてどこができていないかがすぐ分かるから分担が楽になりそう。

うちでは家事の分担はほとんどないのですが、この表を見て褒めてくれることがあり、見えない努力を認められることが喜びにつながっています。

応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーリンク

参考になったらシェアしてください。

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. nanae より:

    こんにちは!はじめまして。nanaeと申します。
    いつも参考になるな〜と思いながら、読ませていただいています。

    この掃除表、すごくいいですね!
    わたしは掃除がすごく苦手で、どうしても後回しにしがちなのですが、この方法ならきちんとこなしていけそうですね。
    ぜひ真似させてください^^

    • さわら より:

      nanaeさん、こんにちは、はじめまして^^

      いつも読んでくださってありがとうございます。

      掃除表、良いですよ~^^
      後回ししていると、汚れがこびりついて掃除が大変になって、ますます嫌になる、という悪循環から抜け出せました。