繰り返し使えて安全なくすの木で防虫

もうすぐ衣替えの季節なので防虫剤を購入しました。
市販の防虫剤にはピレスロイドが含まれています。


匂いがないので意識しないけれど、
ピレスロイドでアレルギー・化学物質過敏症を引き起こす可能性があるのだそうです。


もともと、市販の防虫剤は
怖いなあと思っていて
去年はハーブの防虫剤を購入しましたが、
毎年買うのは面倒だなあと思ってもっと良い防虫剤はないか探していました。


ハーブの防虫剤。
独特の香りがありますが、不快な匂いではなく、
1シーズン使って虫食いはありませんでした。

そして今年。
いろいろ調べて選んだのは楠の木の防虫剤です。

間伐材を利用した楠の木の防虫ブロックです。


昔からある防虫剤に樟脳(しょうのう)ってありますね。
樟脳は楠の木の香り成分の結晶なんだそうです。
防虫ブロックは香りが持続するのが
2~3ヶ月くらいですがやすりなどで削ることで再び防虫剤として使うことができます。


繰り返し使えるという点が購入の決め手でした。
削ると香りの持続時間は短くなっていくそうです。
IMGP2138.jpg
3個ずつのかたまりになっています。
香りは開けたては結構強くて
日毎に少しずつ弱くなっていきます。


削るほか、カンフルオイル(楠の木の精油)を塗る方法もあって
その場合は布にオイルを含ませてブロックに塗り、乾燥させて使うんだそうです。

IMGP2139.jpg
間伐材を使うから森林保護にもなるし、
繰り返し使える経済性、安全性を
考えるととても良い選択だと思います。


私はこれを購入したのですが、
同じような製品が石けん百貨で1000円(税抜き)で販売されています。
端材そのままという感じで
形はいびつですが、量も1キロとたくさん。


レビューを見ると形は本当にばらばらみたいですね。
⇒喜多製材所 衣類の防虫ブロック
http://www.live-science.co.jp/store/php/shop/s_show_abc-KI007.html


天然の防虫剤は、ピレスロイド系に
比べると効き目は穏やかと言われますが
そもそもそんなに強い防虫剤が必要なのかな?


虫食いは衣類の汚れをしっかり落としたり
しまう入れ物(たんすや収納ケース)を
きれいにすることで防げる部分も大きいです。


私の場合、衣装ケースが盲点でした。
全てを防虫剤に任せようと思うから
強い成分が必要になっているのではありませんか。

応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーリンク

参考になったらシェアしてください。

フォローする

スポンサーリンク