果物の皮でアロマセラピー

みかんを食べる人が減っているそうです。

というか、全般的に果物を食べる人が減っているようですね。

みかんは皮をむくのが面倒だと思う人が増えているのだとか。

我が家では毎朝何かしら果物を食べるので、この時期はみかんかりんごを食べています。

りんごは、寒い時期は赤ワイン煮にして食べることが多いです。

180ccの紙パックの赤ワインが100円なので、先日はそれを使ってみました。

(写真は以前のもの)

 りんごの皮は、干して入浴剤にしました。

りんごの皮に含まれるオレイン酸には、乾燥を防ぐ効果があるのだそうです。

適当な大きさにちぎって、お茶パックに入れて浴槽に。

毎回するわけではないのですが、思い立った時にみかんやりんごの皮を干したものを入浴剤として使っています。

私は果物や野菜の皮、お茶っ葉などはごみを軽量化するためにほとんど干しています。

なので、皮を干したものはたくさんあります。

IMGP2953

みかんの皮を干したものには、精油の成分と同じリモネンが含まれているので浴槽に入れると精油を垂らしたのと同じ効果が得られるのだそうです。

血流を良くしたり、皮膚温の上昇、抗炎症作用などがおもな効果。

医師が認めたアロマセラピーの効力―「精油」を嗅ぐ、塗る、飲む…なぜ、さまざまな病気に効くのか (KAWADE夢新書)

今、アロマテラピーの本を読んで少しだけ勉強しています。

症状別の精油の使い方や、精油の選び方、精油がなぜ良いのか詳しく書かれていて興味深い。

イラストは少なめで写真もないので難しく感じるかもしれないけど、情報量が多くて良かったです。

応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーリンク

参考になったらシェアしてください。

フォローする

スポンサーリンク