今日の夕飯 ~煮汁を使い切る~

煮物などを作った時、煮汁がたくさん余ることがありますね。

今日の我が家の晩御飯は、煮汁をおおいに活用したものとなりました。

今日の夕飯。

IMGP2913

・鮭の塩麹焼き

・山芋のかき玉汁(煮汁利用)

・ほうれん草のおひたし

・ごぼう・にんじん・セロリその他の蒸らし炒め

・白菜・にんじん・もやしの煮物(煮汁利用)

煮汁を再利用すると味付けが楽で経済的

煮汁を利用したかき玉汁は、先日作ったふろふき大根の煮汁を利用したものです。

私は下茹でした大根を、昆布だしと薄口醤油ですまし汁くらいの濃さにして煮るのですが、その煮汁を使いました。

ちょうどお椀2杯分ほどだったので、そこに山芋のすりおろしたものと、溶き卵を入れ、少しだけ薄口醤油を足しました。

白菜と人参、もやしの煮物は、これも数日前に手羽元と卵の煮たものを作って、その煮汁がおいしかったので、これで野菜を煮たらおいしいかな?と思って。

煮汁にコラーゲンもたっぷり含まれているので、捨てるのはもったいない。

軽く炒めた後、煮汁で軽く煮込みました。

煮汁単体は濃いけれど、野菜の水分と合わさって調度良い加減になりました。

 煮汁の再利用は、料理が簡単になって、調味料の節約にもなり、排水も汚さずに済みます。

野菜の皮は冷凍保存してスープやきんぴらに。玉子焼きにも!

野菜の皮で使えそうなものは、千切りにしてジップロックに入れ、マスキングテープに「くず野菜」と書いて貼り、冷凍保存しています。

そしてたまったものを、今回のおかずのように使ったり、きんぴらに使ったり、スープにしています。

スープに使う時は、過去に紹介した「手作りスープの素」に混ぜています。

過去記事 : 時短料理 簡単に野菜スープができる「素」を手作り。

ごぼう・にんじん・せろりその他の蒸らし炒めというのは、これらのくず野菜の皮も一緒に混ぜて作りました。

この蒸らし炒めというのは、野菜を弱火でじっくり炒め、その後蒸し煮することで、野菜の甘みを引き出して調味料を最小限にしたもの。

過去記事 : 腸すっきりで美肌になる冬のレシピ

この時は、味付けをごく少量の醤油だけで作っていましたが、今はかつお節やかつおだしを加えて旨味を出すようにしています。

 薄味なので、よく噛んでたくさん食べられます。

きんぴらくらいのしっかりした味付けにすると、量が少ししか食べられないので、たくさん食べたい時はきんぴらでなく、こんな薄味にして作っています。

それから、先日テレビで紹介されていましたが、だし巻き卵を作るとき、煮物の煮汁を入れるとおいしくなるそうです。

卵2個に、煮汁大さじ2、砂糖小1/2、味を見て薄口醤油を少し入れるととても美味しいのだとか。

すぐ使えない時は煮汁も冷凍します。

先週作った、イカと里芋の煮物。

イカの出汁もとってもおいしいので、煮汁は捨てたくない。

でも、そんなに毎日煮物ばかりしないし。。という時は茶こしで漉して冷凍しています。

今週末に根菜の煮物を作るのでその時に利用するつもりです。

2回めは煮汁を余らせないように高野豆腐を入れて煮汁を吸わせ、あまり残らないように。

なるべく捨てずに済むように、試行錯誤しています。

応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーリンク

参考になったらシェアしてください。

フォローする

スポンサーリンク