煮汁を使い切る ~おでん編~

煮汁を使った料理の紹介です。

おでんの煮汁 ✕ 豆腐

IMGP4514

おでんの煮汁を小鍋に移し、生姜をたっぷり入れて豆腐を入れ、煮汁が沸いたら水溶き片栗粉でとろみを付け、ねぎを散らしたら出来上がり。

しょうがを入れるのがポイント。

おでんはいろんな具から出汁がたくさん出ているから煮汁が美味しいです。

煮汁を他の料理に使うことができれば、料理の時間を短縮できるし、調味料も無駄になりません。

煮汁を排水に流さないので環境にも優しいです。

食費の節約は使い切ること

食費の節約は、いかに安いものを買うか、ではなくて、買ったものを使い切ること。

使いきれずに捨ててしまう食べ物だけで、年間何万円分にもなるのだと聞いたことがあります。

調味料やドレッシングはたくさんの種類がありますが、たくさんあるほど使い切れなくなる可能性が高いので、我が家ではドレッシングは買わないし、調味料も基本的なものしか買いません。

また、家にあるのを忘れて同じ商品をたくさん買ってしまうと、期限内に使い切れなくなってしまうので、食品のストックは見やすく整理しています。

imgp4392

野菜や肉は冷凍することも多いですが、何が入っているかわからなくならないようにマスキングテープに名前を書いています。

imgp4416

かぼちゃなど、1個使い切るのに時間がかかるようなものは、使う形にカットして冷凍します。

しょうがやにんにくは、スライスとみじん切りの2種類の形にしておくと、料理するとき便利です。

昔は、かぼちゃや大根を使い切れなくて腐らせてしまうこともありましたが、カットして冷凍したり、早く使い切れるようにレパートリーを増やしたりすることで計画的に使えるようになりました。

また、使い切れない場合は、割高でも1/2カットや1/4カットのものを買ったほうが結局安くなることもあります。

応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーリンク

参考になったらシェアしてください。

フォローする

スポンサーリンク