簡単に手作りできるおやつを3つ紹介します。

うちでは、お菓子はほとんど買わず、ほぼ手作りです。

おやつを作るなんて面倒そう、と思うかもしれませんが、今日紹介するおやつは、レシピもすぐに覚えてしまうくらい簡単です。

おやつだけで月にいくら使っていますか?

IMGP3437

うちの場合、おやつを持って行かなかった時、お昼ごはん以外に200円~300円くらいコンビニで食べ物を買っていました。

200円でも毎日続けば、1ヶ月で4,400円(22日勤務として)、300円なら6,600円にもなります。

年間となると、それぞれ52,800円、79,200円にもなります。

でも、自分で作ればおからパウンドなら一切れ20円~30円くらい。

また、おやつも持参できれば、買いに行く時間を節約できるので、その時間を仕事に廻せます。

おからや豆腐でお菓子を作れば、カロリーも低いので、中年太りも防げる!

手作りおやつは一石二鳥にも三鳥にもなると思っています。

おからパウンドは油なし、混ぜるだけで簡単。

IMGP3775

定番は、レーズンとくるみです。

材料を混ぜて型に入れ、オーブンもしくはオーブントースターで焼くだけ。

*おからがだまにならないようにしっかりほぐしてください。

180度で40分くらいで焼いていますが、機種によって違うので様子を見てください。

<材料>

  • おから150グラム
  • 薄力粉1カップ
  • 砂糖 大さじ4~5杯
  • 卵2個
  • 牛乳or豆乳 80cc
  • ベーキングパウダー小さじ2(最後に入れる)
  • 好みの具 (レーズンとくるみで60グラム程度)

おからは購入した時に、100グラム(クッキー用)、150グラム(ケーキ用)に分けて冷凍しているので、作るときには重さをはかる必要もありません。

具は、バナナや人参、あんこ、甘納豆、ジャムなどいろいろなバリエーションで作れます。

豆腐マフィンは卵・バターなし、HMで簡単に。

IMGP3620

この写真の豆腐マフィンは、インスタントコーヒーとバニラエッセンスで作りました。

もちもちした食感で、小さくてもボリュームがあります。

<材料>

  • 豆腐100グラム(絹豆腐か充填豆腐)
  • メイプルシロップ 大さじ2
  • 油 大さじ2
  • ホットケーキミックス100グラム
  • 牛乳or豆乳 50cc
  • (具)インスタントコーヒー 大さじ1.5
  • (具)バニラエッセンス 数滴

<作り方>

  1. 豆腐・メイプルシロップ・油をフードプロセッサーにかける。
  2. ①にHM(ホットケーキミックス)100グラム、牛乳(豆乳)、具を入れて混ぜる。
  3. マフィン型に入れて180度20分程度焼く。

IMGP3615

過去記事卵・バター不使用のあんこ豆腐マフィン

自家製ホットケーキミックスの分量も紹介しています。

ヨーグルト使用で1ホール200円以下で作れるチーズケーキ

IMGP2606

ヨーグルトで作るあっさり味のチーズケーキ。

炊飯器でつくるので簡単!こちらも冷凍しています。

<材料>

  • ヨーグルト1パック(400グラム)
  • ホットケーキミックス100グラム
  • 砂糖1/2カップ(60グラム~80グラム)
  • 卵2個
  • 油 大さじ3

材料すべてを混ぜて炊飯釜に入れ(私は炊飯釜の中で材料を混ぜてしまいます)、炊飯モード2回でできあがり。

できあがりはプリン状でかなり柔らかいので冷ましてから切り分けます。

手作りおやつに慣れたら、コンビニスイーツは食べられなくなる

紹介したおお菓子はすべて、甘さは控えめです。

でも、この自然な甘みに慣れると、市販のお菓子は甘すぎると感じるようになります。

後味が悪く感じて、食べたくなくなったり。

特に、コンビニの菓子パンなどは保存料が多く入っているそうなので、そういうものが

味として感じられるのかな?

これは夫も同じように思うそうで、おやつをもっていけない日は食べるものにすごく困る、と言います。

IMGP0026

なので、お店で見ても欲しいと思わなくなり、お菓子は作るのが当たり前、という感覚になっています。

家に居て、今すぐ食べたい!という時にはお麩にメイプルシロップを絡めたものや、ポップコーンなど、簡単ですぐできるものを作ります。

甘いモノが食べたいときには(お麩)

ポップコーンを作ろう!

自分で作るおやつなら、材料費をかけても安くできます。

小麦粉は国産、砂糖はミネラルの多いてんさい糖、油は圧搾法で作るなたね油かオリーブオイルを使っています。

調味料にお金をかけよう

材料にお金をかけると、体に良いのはもちろん、肌がきれいになるので、美容費もかからなくなります。

ものを買うとき、その商品のどこに一番お金がかかっているのか考えると(人件費なのか材料なのか、作り方なのか)100円のお菓子を高く感じたり、1,000円の油の値段を妥当だと感じたり、値段への捉え方が変わってきます。

節約というと、すぐに食費の節約が上げられますが、栄養バランスの取れた献立、良い調味料を使うことで、将来の医療費や美容費を節約できたり、健康でいられることで長く働けて生涯収入が上がるかもしれないと考えると、食費の節約は果たして節約なのかと疑問に思いませんか?

応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーリンク

参考になったらシェアしてください。

フォローする

スポンサーリンク