八方だしのだしがらの使い道

料理の味付けを簡単にするために、八方だしという麺つゆみたいなものを作っています。

水を使わずに、かつおぶしと昆布、醤油、酒、みりんなどで作るもので、水を使っていないので長期保存ができ、あるととても便利です。

水なし八方だしの作り方

材料

・しょうゆ 600cc

・みりん 600cc

・酒 80cc

・削り節 70グラム

・昆布 15センチくらい

・干し椎茸 2~5個くらい(お好みで)

 ①鍋に全ての材料を入れ一晩おく。

 ②火にかけ沸騰したら弱火で1~2分

 ③冷めてから漉すか(削り節・昆布・椎茸を)取り除く。

削り節は、一度封を開けると味が落ちるので、一袋全部使うと良いそうです。

できあがりは1リットルに満たないくらいで、醤油の空き瓶に入れて冷蔵庫保存しています。

八方だしで作った煮物は、かつおの風味がしっかり感じられて薄味でもおいしい!

また、薄めてうどんやそばのつゆにも使えるし、経済的でもあります。

水なし八方だしのだしがらの使い道

水なし八方だしを作ると、だしがらがたくさん出るのですが、私はこれを全てフードプロセッサーにかけてしまいます。

IMGP3249

こんな風にして容器に入れておいて、おひたしの時などに味付けや、おにぎりの具などに使っています。

その中でも一番好きな使い方はお茶漬け

ご飯の上に多めにのせて、熱いお湯をかけて食べるとおいしいです。

応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーリンク

参考になったらシェアしてください。

フォローする

スポンサーリンク