切れ端の昆布をまとめ買い。

市場にて、だし用の昆布を購入しました。

500グラム入って3,000円。

■ スーパーより安くておいしい市場の昆布。

この数年は市場の中の、同じお店で昆布を買っています。

値段が安いのは、端っこの方で形が不揃いだから。

形がきれいだと同じ昆布でも値段が高くなります。

IMGP2976

■細く切って昆布水に

昆布はキッチン鋏で細く切って、ガラス瓶に入れて保存しています。

細く切ったほうが短時間でだしがとれるし、引き出さずにそのまま食べることができます。

話題になった「昆布水」は1リットルの水に10グラムの細く切った昆布を入れて冷蔵庫で3時間以上置いたもの。

普通に昆布だしを取るのに比べると少しの量でだしがとれるし、水に入れるだけなので楽です。

朝飲むお味噌汁のだしは、前の晩にこの細く切った昆布と、いりこを4~5匹入れるだけで、だしを取ると言ってもとても簡単です。

 IMGP2986

■昆布の美肌効果

昆布に含まれるフコキサンチン”は紫外線からできる活性酸素を消去する働きをするのだそうです。

その結果、しみやしわを予防することになるのだとか。

また、昆布には利水効果もあって、むくみを改善してくれるそうです。

薬膳料理の先生に、ネバネバした食べ物は体にたまった毒素を排出してくれると教わりましたが、

昆布もその一つで、水溶性食物繊維が腸をきれいにしてくれます。

そう考えると、この昆布水で作ったお味噌汁ってすごく肌に良いんだろうなと思います。

発酵食としての力、大豆のたんぱく質、そして具として食べるたくさんの野菜。

写真は我が家の平日の朝食の写真。

平日は毎日お味噌汁を飲みます。

■おいしい昆布はおやつになる

お店では、この昆布を小さめにカットしたものがおしゃぶりこんぶとして売っています。

私はこの昆布が大好きで、ちょっとしたおやつとしても重宝しています。

なので、500グラムと大量に買っても、けっこう消費しています。

応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーリンク

参考になったらシェアしてください。

フォローする

スポンサーリンク