財布を落として7万円の損失。

私ではなく夫の話。

少し前のことですが、現金約4万円とクレジットカードが入った財布を落とした!と連絡がありました。

不幸中の幸いは、免許証・保険証は財布とは別に持っていたこと。

でも、月初で現金を多めに持っていたこと、お財布は今年買ったばかりのものだったので、夫はショックが大きかったようです。

落とした場所は交番のすぐそばだったので、お巡りさんから「多分出てこないと思いますよ」と言われたのだそうです。

とりあえず、クレジットカードと銀行のカードは紛失の手続きをし、私が以前使っていた財布を使ってもらうことにしました。

IMGP2956

 私が以前使っていたこのpiccinoの財布は、学生時代に買ったもの。

予備用に取っておいたのですが、役立ちました。

10年以上使ってぜんぜん飽きなくて、今のお財布にするときにも色違いを買うか迷ったくらいとても良い財布。

P131NL

P131NL
価格:21,600円(税込、送料別)

 夫もその使い勝手の良さに、すっかり気に入った様子。

IMGP2958

 お財布を開いたところにカードを入れる場所があります。

たくさん入っていて、取り出しやすい。

IMGP2960

  カード入れをめくったところが小銭いれ。

大きく開くから、小銭が一目で見えてすごく便利なんです。

小銭入れがこんな風に広がっているお財布ってあまりないですよね。

 夫に、「誕生日に新しいの買おうね。色は何色にしようかな?」と言ったら、「これを使うよ」と言っていました。

古びて汚れているのも「味があっていい」んだそうです。

買った時にはもっと薄い色だったんですが、使い続けるうちにこんな濃い色になりました。

元の色と見比べるとびっくりします。

■欲しいと思っても、すぐに決断しない。

ついでに、私が次に使いたい財布がisolaのもの。

 イタリアのかな?と思いきや、国産なんです。

色もいいし、これも小銭入れが大きくて使いやすいです。

 大人の女性の財布って感じがして、年を取ったらisolaの財布をかっこ良く持ちたいなーと思っていました。

買うのは数年後だと思うけど、欲しい物を見つけた時に、長く考えるというのは、私にとって必要な作業です。

何年か欲しいと思い続けても、結論として「買わない」という選択肢になることもあるし、やっぱりこれでなければと思うこともあります。

欲しいと思うのは自由だから、たくさん欲しいものがあって、その中から少しずつ絞られていき、ずっと好きでいられそうなものを選びます。

全てのものに対してそうできるわけではないし、見た瞬間にこれだというものを見つけた時にはすぐ買う時もありますが、

定番商品の場合は、お財布と相談しながらじっくり考えて「本当に必要か」「本当にそれが欲しいものか」検討しています。

応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーリンク

参考になったらシェアしてください。

フォローする

スポンサーリンク