2016年の被服費とおしゃれのこと。

昨年1年間の私の被服費をまとめてみました。

<購入したもの> 合計 105,570円

・コート(46,000円)ニューヨーカー

明るい色でベーシックな形のショートコートを探していて見つけました。

長く着られそうな、少しゆったりしたラインのPコートです。

IMGP4531

・ベスト2枚(3,000円×2)ワンピース(8,000円)縫製工場のサンプルセール

サンプルセールだと70%オフくらいで買えます。きちんとした服が安く買えるので有難いです。

過去記事⇒工場のサンプルセールで洋服を75%オフで購入しました。

IMGP4542

・革手袋(3,000円)デパートのセール

IMGP4538

・Tシャツ3枚(1,080×3)ユニクロ

・キャミソール2枚(1,600円)ユニクロ

シルクのキャミソールはやめて、ユニクロに変えました。

・靴(7,500円) リゲッタ

今まで履いていたレースアップシューズがだめになったので買い替え。

リゲッタの靴は着心地が良いです。履き心地重視だとカジュアルになりすぎるものも多いけど、リゲッタにははきちんとした服にも合わせられそうなものもあります。

・ストッキング2枚 (1,500円)

バックシームが入っていると足が綺麗に見えます。これを履くと珍しいからかよく褒められます。

・下着(ブラ・ショーツセット×5、サニタリーショーツ×2 26,900円)トリンプセール

デパートの催事と、トリンプのファミリーセールで。手洗いしてもブラは1年半くらいで買い替えないと型崩れします。

ファミリーセールは、合うものがあればすごく安く買えます。こだわりがなければ上下セットで1,000円とか、ブラ500円、ショーツ300円とかであります。

・ホットコット2枚(1,830円)ベルメゾン

・半袖ブラウス(5,400円)鎌倉シャツ

IMGP4540

<良いものを、少なく買う〉

昨年はコートを買ったので被服費は跳ね上がっていますが、購入点数は少ないと思います。

下着やtシャツは別として、コートや手袋、ブラウス、ベストは長く着られるものです。

服には流行があるけれど、ずっと変わらない自分の好みのもの、自分に似合うものを買っているので、長く着られるし人に褒められることも多いのだと思います。

学生時代に、夫へのプレゼントとして購入したトラッド歳時記という1973年に発行された本があります。

IMGP4552

今見てもおしゃれですし、時々眺めて、何十年経っても良いと思える服を着ていたいと思います。

IMGP4554

IMGP4555

男性用の本ですが、1年間でどのくらいの洋服が必要か、ハンカチやベルト、ネクタイ、靴下の数にまで言及していて、その考え方が参考になります。

また、昨年購入したAdvanced Styleという本も時々眺めて素敵な人に共通するものを感じています。

やはり服には、その人の考えや暮らしが反映されるから、自分がきれい・素敵と思えるものをたくさん見て、自分のセンスを磨きたいと思います。

IMGP4557

こういうのを見ていると、雑誌を見ていても、良いなと思う服があまりなくて、自分の本当に好きなものというのは少ししか無いのだと思えます。

Advanced Style–ニューヨークで見つけた上級者のおしゃれスナップ

応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーリンク

参考になったらシェアしてください。

フォローする

スポンサーリンク