一番楽で簡単なヘナの染め方

ヘナで白髪を染めるようになって4年ほどですが、毎年冬場は寒くておっくうになって、

入浴中に染められるヘアカラートリートメントに頼っていました。

が、今年はヘナの塗り方のコツがわかって、以前より簡単にできるようになったので紹介します。

ヘナの簡単な染め方動画

IMGP3678

塗りムラなく、どうやってヘナを髪に塗るか?

これが一番難しいところだと思います。

いろんな塗り方説明や動画を調べて、私がたどり着いたのは、手で塗る方法。

この動画の1分50秒ごろから始まるヘナの塗り方が一番簡単できれいに染まりました。

詳しい手順は過去記事にあります。

ヘナの染め方とコツ。
白髪が気になり始めて数年。 暖かい季節はヘナで白髪を染めています。

ざっくり説明すると髪をオイルマッサージしてヘナペーストを作り、髪に塗ったらキャップをかぶって2時間放置して洗い流す、これだけです。

ヘナは濡れた髪で染める?乾いた髪で染める?

IMGP3670

ヘナで髪を染める前、まず髪を洗わないといけないと思っていませんでしたか?

ヘナにはシャンプー効果があるので、事前にシャンプーする必要はありません。

染めるときに、髪を濡らす方法と濡らさない方法がありますが、ヘナは濡れた状態に塗るとペーストの水分吸収が悪くなって染まりにくいのだそう。

また、ヘナを洗い流すときにも、シャンプーを使うと色落ちしてしまうので、お湯で洗い流すだけにします。

ヘナを塗る前にオイルマッサージをして髪の乾燥を防ごう。

ヘナは油を好んで吸い込んでしまいます。ヘナを髪に塗りますと、髪から油が抜けてしまい、人によっては、ぱさついたり、仕上がりが悪くなる場合がありますので、ヘナ前に、髪や頭皮に油を含ませるのが、伝統のやり方です。

http://hena.ohah.net/basic/6-oil.shtml ヘナ遊より

ヘナを塗る前には、乾いた髪に、ホホバオイルや椿油などをぬってオイルマッサージをしましょう。

手のひらでオイルを温めて頭皮にすりこむようにします。

ヘナペーストを簡単に作って作ったらすぐ塗ろう。

IMGP3673

ネットで調べると、ヘナは紅茶やコーヒーで溶くとか、一晩寝かせてとかいろいろな情報があります。

が、紅茶で溶いても濃く染まる効果はないのだそうです。

また、ヘナを溶いてから長時間置くと発酵して匂いが強くなること、染める力が弱くなることから、ヘナはお湯で溶いたら(40度~50度)すぐ塗り始めましょう。

ヘナとお湯はよく混ぜてダマならないようにするのがポイントです。

ヘナの匂いを軽減させるには?

9526fdd1b4e9904f60205437d2da8a54_s

ヘナの独特な匂いは、なくすことは難しいですが、ヘナペーストを作るときにラベンダーの精油を数滴加えると匂いが軽減されます。

私がヘナで髪を染めるのは、休みの前日(金曜か土曜)で、ヘナ染した日の夜は入浴時に洗髪はせず、翌日か翌々日に髪に香りが付くシャンプーで洗髪して匂いが目立たないようにしています。

普段はちふれのアミノ酸シャンプーを使っていますが、こちらのシャンプーにはほとんど匂いがなく、ヘナの匂いが目立つように思うのでそのようにしています。

それから、古いヘナは劣化したり、細菌が繁殖して匂いが強くなるようです。

ただ、新しいヘナでも匂いが強い場合もあり、新しいから匂いが少ないと一概には言えないようで、匂いについては仕方ない部分もあるのかなと思います。

私が使っているヘナを紹介します。

手選別で不純物が入っていない、品質管理もしっかりしているスリアンのヘナ。

提携工場で管理しているので鮮度などもしっかりチェックしているそうです。

色の種類が豊富で、100g1,296円です。

滅菌済み&鮮度保持のため空輸で運んでいるマハロのヘナ。

初回購入は200g1,080円ですごく安いです。

応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーリンク

参考になったらシェアしてください。

フォローする

スポンサーリンク